低価格の社員の健康管理システムを導入するメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

適切な社員の健康管理の第一歩として、健康管理システムを導入したいと考えている企業は少なくないでしょう。しかし、健康管理システムの初期導入時から数百万円もする高価なシステムを導入するのはコスト面で負担が大きく、リスクも大きいものです。初期導入費用はできるだけ抑えるのが賢い選択です。
まずは最低限必要な機能だけがパッケージされたシステムを導入して、使い勝手を確かめましょう。使用してみて、欲しい機能があればその都度オプションを導入したり、カスタマイズしたりするのが良いでしょう。この方法なら簡単な機能から使い始めて慣れることができるので、高価なシステムを導入したけれど多機能すぎて使いこなせないといった心配もありません。

健康管理システムの2つの種類

社員の健康管理システムには、クラウド型のものとパッケージ型のものがあります。 パッケージ型は、別名オンプレミス型とも呼ばれます。
クラウド型のものは、システムをweb上のクラウドで運用します。自社のネットワークを使用する必要がありませんので、パッケージ型と比較して導入までの納期が短くなるほか、コストも低く抑えことができます。 システムによっては基本的な機能にオプションを付けたり、カスタムできる場合もあります。
対してパッケージ型は、自社のネットワークシステムを使って運用します。健康管理ソフトをインストールして使用することになります。クラウド型と比較するとコストは高く、納期も長くなります。自社のネットワークを使うため、自由に必要な機能を開発したり、使いやすいようにカスタマイズできるのがパッケージ型の魅力です。

初期導入ならクラウド型が良い理由

クラウド型の健康管理システムは、パッケージ型に比べて安価に導入できることが多いため、初期導入には向いていると言えます。ただし、同じクラウド型でも機能が充実しているものとそうでないものに差があります。また、導入にかかるコストもそれぞれのシステムによって異なります。
使い勝手の良さそうなシステムをいくつか比較検討してみて、安全性も考慮に入れながら自社に最適なシステムを選択しましょう。システムを紹介しているウェブサイトに問い合わせできる電話番号やメールフォームがあれば、事前に質問ができるので安心です。ウェブサイトに導入事例が掲載されている場合もありますので、参考にしてみてください。

ピックアップ記事

社員の健康管理システムの操作性

健康管理システムは、紙の帳簿やパソコンなどで手作業で管理するのに比べて、はるかに効率的で機能的ですが、その操作性は、一つひとつの製品によって異なります。操作性を高めるには、誰が見ても分かりやすいシンプ...

社員の健康管理システムで重要視すべき機能とは

社員の健康管理システムで欠かせない最も基本的な機能といえば、定期健康診断のデータ管理でしょう。また、健診のスケジュール管理機能も基本的な機能の一つです。自動スケジュール管理のほか、受診者一覧表の作成、...

経営にもたらす効果が大きい社員の健康管理システム

健康管理システムの導入は、社員の健康管理がしやすくなるだけではなく、企業の経営におけるリスク回避にもメリットをもたらします。例えば社員の入院や過労死が起これば、企業にとって大きなリスクになります。健康...

低価格の社員の健康管理システムを導入するメリット

適切な社員の健康管理の第一歩として、健康管理システムを導入したいと考えている企業は少なくないでしょう。しかし、健康管理システムの初期導入時から数百万円もする高価なシステムを導入するのはコスト面で負担が...


コンテンツ

カテゴリー