社員の健康管理システムの操作性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康管理システムは、紙の帳簿やパソコンなどで手作業で管理するのに比べて、はるかに効率的で機能的ですが、その操作性は、一つひとつの製品によって異なります。
操作性を高めるには、誰が見ても分かりやすいシンプルな構造であることが重要です。使いこなせないほど機能が多く、複雑なシステムは、いくら出来ることが多くても操作性に優れているとは言えません。業務の負担を軽減するつもりが、反対にシステムを理解して操作するのに手間暇がかかってしまったということになっては、元も子もありません。多機能であることも役立ちますが、直感的に操作でき、どうすれば何が出来るのかが明確であるということが、良い健康管理システムの条件です。

オプション機能を追加して便利に

社員の健診結果の管理をはじめとする健康管理システムの基本的な機能の他に、オプション機能を追加すれば、さらに便利なシステムになります。オプション機能の有無や種類は製品によって様々です。オプションの一例をチェックして、導入を検討してみてください。
例えば、健診後の措置としての医師と社員との面談履歴を記録管理するオプションを追加すればどのような面談がいつあったのかを全て記録しておけます。さらに、健診結果の原本と連携するオプションもあります。こちらは健診の帳簿をPDFデータで表示させることができます。
過重労働管理のオプションでは、過重労働をしている社員をピックアップし、素早く対処するためのサポートをしてくれます。過労や鬱などの、企業にとっての大きなリスクを回避するためには重要なオプションです。

カスタマイズしてさらに使いやすく

健康管理システムをより使いやすいものにするために、カスタマイズする企業も多くなっています。基本的なシステムを使用する中で、どのようなカスタマイズをすれば使い勝手が良くなるか検討してみましょう。
各種のデータに自社オリジナルの判断基準を設けて、その基準から外れた状態の社員をピックアップすることもできます。また、医師との面談が必要となる社員をワンクリックで検索することも、カスタムで可能となる場合があります。面談対象者の受診漏れを防ぐために役立ちます。
社員個人の毎年の健診データを並べて、経年変化をグラフ化して見やすくすることも、カスタムすればできるという健康管理システムもあります。一目瞭然のグラフで、健康状態の変化がより把握しやすくなります。

ピックアップ記事

社員の健康管理システムの操作性

健康管理システムは、紙の帳簿やパソコンなどで手作業で管理するのに比べて、はるかに効率的で機能的ですが、その操作性は、一つひとつの製品によって異なります。操作性を高めるには、誰が見ても分かりやすいシンプ...

社員の健康管理システムで重要視すべき機能とは

社員の健康管理システムで欠かせない最も基本的な機能といえば、定期健康診断のデータ管理でしょう。また、健診のスケジュール管理機能も基本的な機能の一つです。自動スケジュール管理のほか、受診者一覧表の作成、...

経営にもたらす効果が大きい社員の健康管理システム

健康管理システムの導入は、社員の健康管理がしやすくなるだけではなく、企業の経営におけるリスク回避にもメリットをもたらします。例えば社員の入院や過労死が起これば、企業にとって大きなリスクになります。健康...

低価格の社員の健康管理システムを導入するメリット

適切な社員の健康管理の第一歩として、健康管理システムを導入したいと考えている企業は少なくないでしょう。しかし、健康管理システムの初期導入時から数百万円もする高価なシステムを導入するのはコスト面で負担が...


コンテンツ

カテゴリー