社員の健康管理システムで重要視すべき機能とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社員の健康管理システムで欠かせない最も基本的な機能といえば、定期健康診断のデータ管理でしょう。また、健診のスケジュール管理機能も基本的な機能の一つです。自動スケジュール管理のほか、受診者一覧表の作成、受診予定者一覧表や受診のお知らせなど関連書類の作成機能は便利です。受診予定者へお知らせメールを送信する機能があることもあります。
官公庁へ提出するための帳簿を作成できる機能があれば、労働基準監督署へ提出する定期健康診断結果報告書をはじめとする書類の作成が簡単に行えるようになります。
勤務データや人事データとの連携ができるかどうかにも注目しましょう。他のシステムのデータを取り込むことで、業務を効率化できます。過重労働管理機能があれば、勤怠データから過重労働該当者を割り出し、すぐに対処することもできます。

特定保健指導機能、セキュリティ機能にも注目

特定保健指導機能は、メタボリックシンドロームと判定された人に向けて生活習慣の改善を支援する特定保健指導を行うために役立つ機能です。対象者には動機付け支援、積極的支援を行うことが義務付けられていますが、この機能を使うことで対象者へのスムーズな支援ができます。
セキュリティ機能も重要です。健康管理システムで取り扱うデータは、社員の個人情報です。高いセキュリティ性を有するシステムを導入し、社員の個人情報を保護しながら運用することが不可欠です。 導入を検討している健康管理システムに、アクセス制限やログ管理などの高度なセキュリティ機能があるかということについても確認しておきましょう。

健康管理システムで医療削減と社員の健康増進が叶う

会社負担になる社員の医療費を削減したいと考えている企業は少なくありません。また、定期健康診断を未受診の社員を放置することも許されません。企業の義務として、健診をきっちりと行い、ストレスチェック制度のようにメンタルヘルスもケアしていくことが定められています。行政が企業に対して厳しく指導する背景には、国家負担の医療費を削減したいという意図もあります。
健康管理システムを活用してメタボリックシンドロームの社員にきっちりと特定保健指導を行い、医療費の削減に成功した企業もあります。身体に問題を抱える社員を取りこぼすことなく、良い労働環境で健康に長く働いてもらうために、今や欠かせないシステムであると言えるでしょう。

ピックアップ記事

社員の健康管理システムの操作性

健康管理システムは、紙の帳簿やパソコンなどで手作業で管理するのに比べて、はるかに効率的で機能的ですが、その操作性は、一つひとつの製品によって異なります。操作性を高めるには、誰が見ても分かりやすいシンプ...

社員の健康管理システムで重要視すべき機能とは

社員の健康管理システムで欠かせない最も基本的な機能といえば、定期健康診断のデータ管理でしょう。また、健診のスケジュール管理機能も基本的な機能の一つです。自動スケジュール管理のほか、受診者一覧表の作成、...

経営にもたらす効果が大きい社員の健康管理システム

健康管理システムの導入は、社員の健康管理がしやすくなるだけではなく、企業の経営におけるリスク回避にもメリットをもたらします。例えば社員の入院や過労死が起これば、企業にとって大きなリスクになります。健康...

低価格の社員の健康管理システムを導入するメリット

適切な社員の健康管理の第一歩として、健康管理システムを導入したいと考えている企業は少なくないでしょう。しかし、健康管理システムの初期導入時から数百万円もする高価なシステムを導入するのはコスト面で負担が...


コンテンツ

カテゴリー