経営にもたらす効果が大きい社員の健康管理システム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康管理システムの導入は、社員の健康管理がしやすくなるだけではなく、企業の経営におけるリスク回避にもメリットをもたらします。例えば社員の入院や過労死が起これば、企業にとって大きなリスクになります。健康管理システムを用いて社員のフィジカルの異常を早期に発見すれば、問題が起こる前に対処することができます。
また、健康管理システムを使って、社員の労働時間を把握することもできます。長時間労働や長期にわたる残業を放置すると、疲労や過度なストレスが蓄積され、大変危険です。健康管理システムで労働時間を把握し、管理することで労災認定や損害賠償証責任などのリスクを回避することができます。

時代の流れにフィットしたシステム

2016年頃から政府が推し進める働き方改革では、労働の効率化が推奨されています。労働生産性を上げることで、残業して長時間働かなくてもより多くの仕事をこなせるようにしようという提案であり、企業も労働者も、この政策を受けて、より効率的に業務を行えるように改善に取り組む動きが広がっています。
かつては長時間残業をしている社員はやる気があると考えられ、評価されるような風潮がありました。しかし、近年ではそのような考えを無くし、どれほど効率よく成果を出しているのかに焦点を当てて評価しようという動きに変わってきています。
健康管理システムを使って社員の労働時間を企業が管理し、時間の長さではなく業務の効率、成果で評価するという姿勢を積極的に見せることで、生産性の低い長時間労働が減り、社員のフィジカルの負担が減るだけではなく、人件費の削減にもつながり、企業に良い効果をもたらします。

健康管理システムは離職率の低下にも役立つ

従業員が健康な状態を維持できていない職場は、離職率が高い傾向があります。したがって、健康管理システムで健康状態を管理し、労働環境を改善していくことは、離職率の低下につながると言えます。フィジカルのマネジメントがメンタルのマネジメントにもつながる良い例です。
身体に支障をきたすような勤務状況になっていないかを、担当者が健康管理システムを使って日常的にチェックしましょう。長時間労働だけではなく、休日出勤の有無も確認します。
社員一人ひとりの働きによって企業経営は成り立っています。社員の健康状態をしっかりと見守り、安心して長く勤めることのできる職場を目指すことは大切です。

ピックアップ記事

社員の健康管理システムの操作性

健康管理システムは、紙の帳簿やパソコンなどで手作業で管理するのに比べて、はるかに効率的で機能的ですが、その操作性は、一つひとつの製品によって異なります。操作性を高めるには、誰が見ても分かりやすいシンプ...

社員の健康管理システムで重要視すべき機能とは

社員の健康管理システムで欠かせない最も基本的な機能といえば、定期健康診断のデータ管理でしょう。また、健診のスケジュール管理機能も基本的な機能の一つです。自動スケジュール管理のほか、受診者一覧表の作成、...

経営にもたらす効果が大きい社員の健康管理システム

健康管理システムの導入は、社員の健康管理がしやすくなるだけではなく、企業の経営におけるリスク回避にもメリットをもたらします。例えば社員の入院や過労死が起これば、企業にとって大きなリスクになります。健康...

低価格の社員の健康管理システムを導入するメリット

適切な社員の健康管理の第一歩として、健康管理システムを導入したいと考えている企業は少なくないでしょう。しかし、健康管理システムの初期導入時から数百万円もする高価なシステムを導入するのはコスト面で負担が...


コンテンツ

カテゴリー