これからの季節に雨量計を設置する目的について

近年、豪雨災害による被害が多く発生しています。夏から秋にかけては短時間で局地的に激しい雨の降るゲリラ豪雨や台風による集中豪雨が発生しやすい時季です。豪雨は河川の氾濫や土砂崩れ、ダムの決壊などを引き起こす原因となります。そのため降水量を計測できる雨量計を使って雨の量を把握することは、災害発生の予測やそれに伴う避難の必要性の有無を判断するのに大いに役立つのです。すなわち雨の量を知ることは生活の安全や安心を確保する上でとても大切なことと言えます。気象情報として発信するための雨量計は気象庁の定める条件をクリアしなければなりませんが、個人的な目的で使用するのであれば雨量計は簡単に作ることも可能です。危険を迅速に把握して身の安全を確保するためにも雨量計の設置をおすすめします。

雨量計には貯水型と転倒ます型がある

雨量計には大きく分けて2つの種類があります。1つは「貯水型雨量計」です。貯水型は受水器から集めた雨水を貯水ビン貯め雨水ますで量るタイプと貯まった雨水の重さを利用して記録ペンを動かし記録するタイプがあります。世界でも広く用いられている雨量計です。もう1つは「転倒ます型雨量計」です。雨量計の中にシーソーのように2個のますが置かれていて、一方の雨量が0.5mmになると反対の方へ転倒する、ししおどしのような仕組みになっています。転倒数を計測することで降水量を把握します。気象庁をはじめとする公的機関では多く用いられている雨量計です。この他に「レーダー雨量計」も雨量解析に使われています。レーダーを雨粒に当ててはね返ってきた強さやはね返りに要した時間を計測して雨量を把握する仕組みです。

雨量計を設置する際の注意点について

雨量計を設置する際の注意点としては、正確な降水量計測の妨げになるような場所には設置しないようにすることが挙げられます。例えば周囲より低い土地で雨量計が浸水しやすいような場所や車の水しぶきがかかりそうな場所、波がかかりそうな場所が該当します。また強風の影響を受けやすい場所も避けまてください。樹木や建物からは頂点から45度以下となるように離れ、屋上に設置する場合は端から3m以上内側に設置するようにしましょう。雨量計は正確に計測できなければ意味がありません。そのため定期的な保守点検をしてください。雨量計の内部にゴミや泥が詰まることが多いです。周囲の草木が生い茂り計測の妨げになる場合もありますので周囲の環境にも気を配る必要があります。災害から身を守る手段の一つとして雨量計をぜひ活用してください。