社員の健康管理システムとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康管理システムとは、社員一人ひとりの健康診断結果などの健康にまつわるデータを一元管理するITソリューションです。企業は、社員の健康管理を適切に行うことが労働安全衛生法で義務として定められています。健康管理システムは、法令に則って正しく社員の健康管理をしていく上で便利な、企業にとって頼れるパートナーとなっています。
健康管理システムは、効率的にデータを管理するための様々な機能を持っています。毎年の健康診断の結果を比較するために経年変化を一目でチェックできたり、服薬の有無や健診の数値の悪い人を絞り込み検索出来たりといった健康管理システムの独自の機能は、表計算のような一般的なツールで管理する場合ではほぼ不可能で、健康管理に特化しているからこそできることです。

社員の健康管理システムの需要が高まっている理由

2015年の労働安全衛生法の改正により、ストレスチェック制度が新たに設けられました。ストレスチェックは、メンタルヘルス不調を未然に防止し、職場の労働環境を改善するための制度です。継続雇用しているアルバイトやパート社員も含む労働者が常時50名以上の全事業場に実施義務があります。毎年1回実施し、労働基準監督署への報告を行わなければなりません。
このような法改正の影響により、社員一人ひとりの健康状態を正しく管理することが以前に増して重要視されるようになりました。そこで、簡単にデータを管理することのできる専用のシステムの需要が、近年急速に高まっているのです。

健康管理システムで健診関連の業務が効率化する

企業は、労働基準監督署に健康診断の実施状況についての報告書を提出する義務があります。しかし、大勢いる社員の定期健康診断業務や健診報告書の作成を行うのは大変手間のかかる作業です。それでも、従来は担当者が手作業でそのデータをまとめていました。
現在では、健康管理システムを使って一括管理することで、余計な手間をかけることなくスピーディーに運用できるようになりました。監督官庁に提出するための資料作成機能がある健康管理システムを選べば、報告書の提出状況もすぐに確認でき、実施漏れや提出漏れなどのミスを防げます。結果として、社員の負担は軽減され、他の業務に注力する時間を捻出することができるようになりました。健康管理システムは、企業にとって多大なメリットのあるソリューションです。

健診データ管理システムLiteは従業員の健康データ管理をシンプルな操作性で可能にするシステムです。 「かゆいところに手が届く」「わかりやすい操作性」で医療専門職の方々の業務負荷を軽減します。 クラウド(Web)版は初期200,000円から、年間2,300,000円から(従業員5,000名の場合)です。 従業員の健康管理に関心の高い30社以上に導入済みです。 社員の健康管理はエヌ・エイ・シーの健康管理システムにお任せを

ピックアップ記事

社員の健康管理システムの操作性

健康管理システムは、紙の帳簿やパソコンなどで手作業で管理するのに比べて、はるかに効率的で機能的ですが、その操作性は、一つひとつの製品によって異なります。操作性を高めるには、誰が見ても分かりやすいシンプ...

社員の健康管理システムで重要視すべき機能とは

社員の健康管理システムで欠かせない最も基本的な機能といえば、定期健康診断のデータ管理でしょう。また、健診のスケジュール管理機能も基本的な機能の一つです。自動スケジュール管理のほか、受診者一覧表の作成、...

経営にもたらす効果が大きい社員の健康管理システム

健康管理システムの導入は、社員の健康管理がしやすくなるだけではなく、企業の経営におけるリスク回避にもメリットをもたらします。例えば社員の入院や過労死が起これば、企業にとって大きなリスクになります。健康...

低価格の社員の健康管理システムを導入するメリット

適切な社員の健康管理の第一歩として、健康管理システムを導入したいと考えている企業は少なくないでしょう。しかし、健康管理システムの初期導入時から数百万円もする高価なシステムを導入するのはコスト面で負担が...


コンテンツ

カテゴリー